顧客インタビュー
株式会社アドワール様

株式会社アドワール 取締役の阿部様とWebデザイナーの種村様にご協力いただきました。
(2019年12月23日)

アドワール様はどんな事業を行っていますか?
映像制作者向けのプラットフォームを作っています。映像制作者向けに、主に情報提供という面でWebサービスを展開しています。
お2人は社内でどんな立場でしょうか?
取締役を務めています。基本的には社内の業務全般を見ていて、薄く広くメンバーの業務をチェックしています。
Webデザイナーをやっています。業務内容としては、WebサービスのUI作成、フロントのコーディング、Webデザイン、ディレクションなどをやっています。
弊社にどんな仕事を依頼していますか?
技術顧問や外部CTOのような立ち位置で、経営状況を踏まえたうえでのサービス設計や技術面を全般的にお願いしてます。
弊社に依頼して良かったと思うことはありますか?
開発メンバーの技術的なモチベーションがすごく上がっているところです。僕と代表はエンジニアだったりIT畑の人間ではないので、社員に与えるインセンティブとなると、どうしてもお金のような生々しいものになってしまいます。けれども、スマートアルゴリズムさんと仕事することによって、技術面の向上だったり、仕事が毎日楽しくなるようなひとつの要因になっています。
フロントをやっているけれどあまり知識がある訳ではない中で、いつもデザイナーにもわかる言葉で丁寧に説明していただいています。知識の幅の広さと深さがすごく、投げかけたことへのフィードバックが適切で、デザイナーもエンジニアもうまく仕事が回っているので大変助かっています。
Webデザイナーの種村様(写真左)、取締役の阿部様(写真右)
アドワール様の今後の展望、またそこにあたって弊社に期待していることをお聞かせください。
今後の展望としては、クリエイティブハブというところをミッションにしてるので、それを実現するためのサービス作りをやっていきたいと考えています。具体的には、映像制作者が必要なところと映像制作者のやりたいことのマッチングなどです。今後もサービス内容自体が広がっていくので、技術面での全体的なハンドリングをお任せしていきたいです。
すでにアドバイスはいただいているのですが、今後サービスの規模が拡大していきメンバーが増えていったタイミングで、こういうところを強めていったほうがいいとか、こういうところに人を入れたほうがいいなど、人員計画を含めたアドバイスをいただけると嬉しいです。
ご協力、ありがとうございました。